ツイート ゲルピン 2009年06月
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越しは大変ですねえ…。

私、引っ越しいたしました。

引っ越しの後片付けがようやく一段落し、落ち着いて仕事の出来る環境が整ったところです。


しかしまあ、なんですな。
引っ越しというのは本当に大変です。

正直申しまして、出来うることなら私はずーっと1カ所に定住していたいタイプなのですが、いろいろな事情が重なり、今回引っ越しを余儀なくされました…。

当初は元住所の神奈川県川崎市内、もしくは近郊の所沢辺りに引っ越して茶を濁そうと思っていたのですが、諸事情で実家のある名古屋へ。

引っ越しというのは、狭い部屋から広い部屋に移るのは簡単ですが、その逆は困難だと私は思っています。
出来ることならそういう引っ越しは避けたいところでしたが、今回は2DKのアパートから実家の5畳半の部屋へ…という難題。

問題は荷物です。
2DKのアパートは友人とシェアしていたので、実際はそれほど荷物は多くない(…と、その時は考えていました)のですが、それでも全ての荷物を持って行くわけにはいかないので、とりあえず捨てます。
昨今はゴミを捨てるのにもお金が掛かりますが、ケチっていては到底片づかないのでジャンジャン捨てます。
集めていた書籍類も数千冊ばかり(漫画の単行本がほとんどでしたが…)捨てました。
考えてみればここ数年ほとんど読み返していない本ばかりでしたし、最近は読み返したい本があれば漫画喫茶などに行けば読むことが出来ますしね。

結局、5~6割の荷物を処分したでしょうか。
「これでなんとか引っ越し先の部屋に詰め込めるだろう」
などと思ったのも束の間でした。
引っ越し当日までに自分で梱包出来る物は全て梱包したのですが、その時点でダンボール50箱。
業者さんが梱包した物を含めると130箱超…。

イヤな予感はしたものの、今更どうしようもないのでそのままトラックを見送り、引っ越し先の実家で荷物の到着を待ちました。

無事に荷物は届きました。
5畳半の部屋の奥からダンボール箱をミッチリと詰め込んでゆきます。
ミッチリと詰め込んだのです…が、あっと言う間に部屋いっぱいに。
もう部屋にはどうやったって入りません。
業者のトラックにはまだ3分の1ほどの荷物が残っています…。

…ヤバイ。
とりあえず他の部屋に仮に置くことも考えましたが、老いた両親の寝る場所を奪うのもアレですし、そもそも私が寝る場所もなくなってしまうので、しかたなくベランダと玄関前に置いておくことに。
本当に天気が良くて良かった。
雨だったら途方に暮れるところです。

それがひと月くらい前の出来事です。
引っ越し前の荷物処分に2ヶ月、引っ越し後の荷物整理に1ヶ月掛かりました。

正直、もう死ぬまで引っ越しはしたくないです…マジで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。